引っ越し 値段 相場

引越しの値段の目安を知って損をしないお得な引越し!

引越し 値段 目安

引越し 料金 目安

引越し 価格 目安

引越し 費用 安い

引越し 値段 最安

引越し 値段 平均

 

引越しには結構いろいろなお金がかかりますね。
物件の敷金・礼金、不用品の処分費、新しい家具家電、カーテン、照明の購入、そして引越し費用。

 

この中で一番節約できそうなのは引越し費用なのですが、どのくらいかかるが普通なのか目安がわからないと損をするかもしれません。
面倒だからと大手1社に見積もりを依頼して契約してしまう人がいますが、勿体ないです。
もっと安くてサービスの良い引越し業者があるかもしれないのに。

 

あなた自身の引越しの値段の目安を知りたいなら、複数の引越し会社から見積もりを取るしか方法はありません。

 

今は引越し業者一括見積もりがありますので、1度の情報入力で最大10社から簡単に見積もりを取ることが出来ます。

 

引っ越し 費用 目安

 

あなたのお住いの地域に対応できる引越し業者を自動で選んで見積もりをしてくれるので、無駄がありません。

 

引越し業者一括見積もりには、大手から地元の小さな引越し業者まで200社以上が参加しています。
複数の業者から見積もりが取れれば、値段の目安はもちろん1番安い引越し業者を探すのも簡単です。

 

簡単便利なうえに利用料は無料ですので、ぜひご活用くださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越し時期と繁忙期

 

引越し費用目安時期

 

引越しにはとても忙しい時期があり、この時期を繁忙期とよびその他を通常期と言います。
繁忙期は3月前後で、この時期は新大学生や新社会人、人事異動で転勤するサラリーマンととにかく人が一斉に動く時期なのです。

 

当然引越し業者も大忙しなのでスタッフを増員して繁忙期を迎えるのですが、到底及びません。

 

ですからこの時期の引越し費用が通常期よりも高めに設定されていますし、割引も期待できません。
そんな中でも少しでも引越し費用を安くしたいのであれば、早めに準備することをお勧めします。

 

新居の住所が決まったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取りましょう。一括見積もりが便利です。

 

繁忙期といえど、引っ越しの価格はどこも一律同じという訳ではありません。
早めに申し込めばそれだけ多くの引越し業者からの返事がもらえますが、これが引っ越しギリギリになればなるほど1社減り、2社減りと最後にはとうとう1社も来ないという事態もあり得るのです。

 

これは繁忙期には限ったことではありません。
引っ越しは新居の住所が決まったらできるだけ早めに見積もりを取って、業者をおさえておきましょう。
時は金なりです!

 

 

引越しと訪問見積もり

 

引越し費用目安

 

引っ越し見積もりの際に、何とか電話やネットで終わらせたいと思いませんか?

 

しかし引っ越しの費用は実際の家の中を見せてもらうことで、玄関から家具が出せないとか追加料金が発生したというトラブルを回避することができます。
引っ越しの際にエレベーターがない物件ですとやはりエレベータのある物件よりも時間がかかりますし、物件の前の道が狭くてトラックを横付けできない場合は時間もかかりますし、人手も必要になります。
これらは実際に現場を見ないと判断できないので、訪問見積もりはオススメです。

 

荷物の量を見てもらうことで適切なトラックの大きさもわかります。
しかし、営業の人に押し切られて契約させられてしまうんじゃないかと心配される人もいます。
ダンボールを置いて行く営業の方もいますが、使わなければ返すこともできますので問題ありません。

 

実際に来て頂くことで引っ越し業者のイメージもわかりますし、やはり信頼できる人にお任せしたいですね。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの時はすることが多くてウンザリしますが、先に大まかな手順を知っておくとムダな動きが減るので便利ですよ。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家さんや管理会社への退去連絡し、駐車場の解約も行う。
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約
・引越しの日程を決めて、相見積もりを取って引越し業者を選ぶ

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものを荷造りする。
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止、など役所関係の書類を提出。
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道などのインフラの停止手続き
・郵便物の転送手続き

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。
・新居への移動方法を確認する。
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認
・荷解きと整頓
・新居こ゛近所への挨拶

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続き。゛
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更。

 

入居の際に「物件を退去する場合は○ヶ月前に報告する」といった契約を交わしたと思いますので、引越しが決まったら出来るだけ早めに引越しすることを管理会社や大家さんに伝えましょう。

 

次に引越し業者への見積もりですが、実は新居が決まってからでないと引越し料金を計算することができません。
まず新居を探し、決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼して比較して、必ず契約までしておきましょう。

 

不用品や粗大ゴミを処分するのは時間がかかるので早めに取り掛かってくださいね。
荷造りも普段は使わないものや季節外れの洋服などからどんどんダンボールに詰めて、外から分かるように工夫しておきましょう。

 

市外引越しの場合は転出届など役所関係の書類の提出、インフラの停止や精算、郵便物の転送届を提出したら、いよいよ引越し当日です。

 

引越し当日、荷物の運搬は引越しスタッフにおまかせして、あなたは家財の配置を指示してください。先に決めて紙に書いておくと便利です。

 

ただし、貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影などは自分で管理してください。
引越しをしたら、出来るだけその日うちにご近所へ挨拶に行きましょう。

 

市外引越しなら転入届、同一市内の引越しなら転居届、いずれかを新居に最寄りの市町村役場に提出します。
ほかにも役所関係の書類があれば提出しておきましょう。

 

郵便物の転送は1年間の有効期限があります。
あとは銀行や運転免許証など住所変更が必要なもののを変更してくださいね。